山里の秋

とらやま米、ソバ木庭作のオーナーの皆様へ

先月(9/22)台風17号の爪痕は私どもにとっては大きく、天気の続かない秋空が続いています。。

田んぼに時々姿を見せるヤマネコ、アケビの実、庭先のキンモクセイの花の香りに秋の深まりを感じています。

写真は八分咲きのソバの花(10/1)、稲穂は少し急いだ早生種の稲の刈り取り(9/26)と稲穂の状況です。

このあと台風18号が気になっております。

これから秋晴れの日が続くことを祈りながら、
オーナーの皆様、ご自愛下さい。